AKIRA PROTOTYPE KS-601の試打。

MODUS3 120SとMODUS3 105Xで作成。

アキラのプロトタイプアイアン、ノーマルロフトの四代目になります。

アキラのアイアンは私自身、初代K-101からKS-201、KS-301、KS-501、KS-601FHと使い続けていますので試打の感想を。

まず顔つきです。
これぞアキラ顔。
ずっとこのシリーズを使い続けていますのでなんの違和感もなくすっきり構えられます。

今回はトゥ側をしっかり強調(包み込む感じ)にする事で球が捕まる印象を持たせています。

これはフェード打ちの方がいいイメージで振っていけます。
KS-301が若干逃げ顏でしたので捕まえに行き過ぎる傾向があったのですがこれは良さそうです。

コンマ何ミリの違いですがこれは大きな違いです。

トップブレードやネックまわりの作りも非常に安心感があります。コースで構えた時に緊張しないというか、当たり負けをしないイメージです。

そして今回は重心距離が35mm。

K-101が37mm
KS-201が33mm
KS-301が34mm
KS-501が36mm
KS-601FHが35mm

ヘッド自体はK-101と同じで歴代の中では少し大き目の印象で、操作性はKS-301と同じ位で敏感すぎず鈍すぎず。パワーヒッターから普通の方まで神経質にならなくて良い、程よい振り心地です。アッと思ったミスに対してもある程度寛容です。

軽量シャフトで少し長めに作っても良し、重めのシャフトでゴツく作っても良し。

打感は芯でとらえた時はクシャっとしてソフトです。
柔らかさという意味ではこの手のアイアンでは普通だと思います。。
アキラのアイアン特有のただ柔らかいだけではなく芯がある打感ですね。
抜けはいつも通りの気持ち良さ。。

バックフェースは今回はパッチ無しのザ・シンプル。
ミーリングも仕上げもいい雰囲気です。

トータルで今までプロトシリーズを使われていた方も満足のいく出来だと思います。

現在私はKS-601FHを使用中、何の不満もありませんがこれは心が揺らぎます。。

KS-601FHと共に大変オススメのアイアンです。

これは大ヒットの予感が。。